【短編】『水素と李信の復讐代行』( No.1 )

日時: 2017/04/15 02:14:33
名前: 敗北者 ◆QdPrBEB2zU
ID: W9tKmk0.

女性の話によれば、この被害者の姉である女性と両親は買い物に出かけていた。

ピンポーン

2週間ほど前のことである。領内にあるとある民家を「宅配便でーす」と男が訪れた。

「はーい」

留守番をしながら弟である乳児の面倒を見ていた少女がインターホンと男の声に反応してドアを開けた。すると…

ガバッと男は少女の首に手を回して押し倒したのである。

「ちょっ…やめて!何するんですか!!」

「オギャア!オギャア!オギャアアアアアアアアアア!!」

手足をジタバタさせて抵抗する少女。その様子を見ていた乳児が泣き出した。

「あーうるせえなぁ!」

男は少女の腹と鳩尾に一発ずつ渾身の殴打を喰らわせる。少女は激痛で「うぅ…」と蹲る。少女が暫く動けない状態となると男はそこから立ち上がる。

「うるせえなぁ!チンコ萎えたじゃねえかよオイ!」

「ちょ…やめて…何する気なの…!」

ズカズカと足音を立てながら赤ん坊へと接近し、泣き喚く乳児を数え切れない回数殴る蹴るを繰り返し、全身の骨を折って最後は逆さに持って思い切り床に叩きつけて頭蓋を割って殺害した。

「いや…いや…いやアアアアアアアアアア!!」

目の前で弟が無残に殺された光景を見せつけられ泣き叫ぶ少女に刃物を出して男は「静かにしねえとてめぇも殺すぞ!」と脅迫する。

「…」

少女は恐怖のあまり声を押し殺す。そして「言うこと聞かねえと殺すかんな」と言われ、男によって全身を縄で縛り付けられると乱暴に車のトランクに押し込められ、拉致されてしまった。