【リポケ外伝】「李信、ついにフラグが立つ」( No.5 )

日時: 2017/12/14 01:06:49
名前: 李信
ID: W9tKmk0.

「何?」

「世界だの国だの仲間だの…まだそんなことばかり考えている…。李信さんは私のことだけ考えて私のことだけ思って私のことだけ見てればいいのに。他の人間の名前なんて私の前では出さないで下さい…!」

「…」

「私、李信さんに教育します。分からせてあげます。李信さんを必要としているのは私だけなんです。李信さんも私だけを必要とすればいいんです。大丈夫、時間はたっぶりあります。私のことしか考えられなくて、見れないようにしてあげます。私が李信さんを守ります。だから安心して私に全てを捧げて下さい。私も私の全てを貴方に捧げます」

そう言って少女はもう一度李信の唇に自分の唇を重ね合わせてくる。が、今度は違った。なんと舌まで入れてきたのである。

(助けてくれ…氷河期さん、北条さん、水素、星屑、マロン、隠密さん、Wあさん、ソラ…キモ男さん、ポルクさん、藤原さん…誰でもいい…誰でもいいから助けてくれ…!)

極端に嫌われるか、極端に好かれるか。李信を取り巻く異性関係に「中庸」の二文字は存在しなかった。心底から仲間への助けを願った。恐らくこの世界に来てから1番今がそう願った時だろう。